切花を長持ちさせるには
水はこまめに取り換えて切り戻しを

切り花の保ちが悪いのは、花に新鮮な水が補給されないから。切り口が常に新しく、元気よく水を吸い上げられる状態であれば、日もちはよくなります。

まず買ってきた花は水切りし、バケツなどに水を深く入れて吸水させ、シャキッとさせてからいけましょう。また、水温が高いとバクテリアが繁殖しやすいので、夏には毎日、新鮮な水と取り換え、切り口も切り戻します。時間がない場合は、大量に氷を入れて、水の温度上昇を抑えるのも効果的です。

水につかる葉はできるだけカットする

水を腐らせる2つ目の要因は葉。水につかったままでは腐りやすく、水を濁らせてしまいます。いける前に水につかりそうな葉や、枯れかけた葉を整理しましょう。特に透明ガラスにいける場合は丁寧に。見た目も涼しく映ります。ただ葉には水を吸い上げ、花を美しく咲かせる力があります。葉を間引きすぎると水が下がってしまうので気をつけましょう。アジサイやブルースターなどは要注意です。

切り花延命剤も有効です

市販の切り花延命剤には花に対する栄養分と、水を腐りにくくする成分が含まれていますので、日もちは良くなります。但し、多すぎても少なすぎても効果が半減しますので、常に適量を使用するように注意してください

切り花は日光が嫌いです

切り花は根のついた植物と違い、日光を嫌います。なぜなら、水の温度上昇を招き、ひいては花そのものの水分を奪うからです、できるだけ日光の当たらないところで観賞するようにしてください。

アレンジメントをもらったら

お花は呼吸しています、まずできるだけ早くラッピングをはずしましょう。
それからお花の入った容器の中の水の量を確認のうえ、こぼれない程度に水を差してください。お花は相当な量の水を吸い上げますので、その後も常に水の量がいっぱいになるように注意し、枯れた花は順番に抜き取ってください。

花束をもらったら

花束は保水のための処理がしてあっても、できるだけ早くラッピングをはずし水切りをした上でたっぷり水の入ったバケツなどで水揚げをしてください。時間が経っておればなおさらですが、しおれている時は古新聞などで花を包んでから水につけてください。

home